脱ナマケモノ生活日記

「明日を変えよう」日々の記録

あえて雨の中散歩に。子供たちの通学路通ってみよう!

本日は夜勤だ。

いつもなら体力温存のため

夜勤を控えている日は

家の中でこそこそ

 

今日は気分をかえて

いつもしないことしてみよう!

 

外は雨だ

じめじめしてるし

服も濡れる

散歩なんて・・・

 

ってところをあえて

雨の中さんぽに出てみる(*'▽')

 

セカオワのRAINを聴きながら♪

 

f:id:SachiSyukan:20190219133840j:plain

ジメッとしてる…そうだろうよ

 

そうだ(*'▽')

中1息子の通学路歩いてみよう

車ではたまに通る道

雨の日にあるくなんて

中学以来か

 

この道は、

私の通学路でもあった。

 

20数年前は人の生活の営みが感じられた街並み

老朽化して人の気配のなくなった建物が目立つ

 

全国過疎化上位にランクインする我が故郷なのだ( ̄▽ ̄)

 

校門まで続く上り坂。

 

おー

結構な傾斜。

 

校内マラソンでこの坂駆け上がったなぁ~

いつも学年1位だったな~( ̄▽ ̄)

 

じんわり汗をかいてきた

 

しかし。

息子は今朝、どんな気持ちでこの坂をのぼったんだろうか

悩みはないだろうか

学校は楽しいのだろうか

友達と仲良くやってるだろうか

好きな子はいるのかな

 

 

鼻歌うたいながら

あれこれ考えながら

ちょっと息切らしながら

中学校の入り口まで到着

 

殺風景な冬の景色に映える

ピンクの花

ひとつだけ咲いてる

 

 f:id:SachiSyukan:20190219134235j:plain

なんて花かは知らない(笑)バラ?

絶対いつも息子の視界に入ってるだろう

 

さて

次は小学校の娘の通学路だ

 

誰もいないなー

ただでさえ、お年寄りしかいないから。

 

雨したたる

梅・・・

桃??(笑)

f:id:SachiSyukan:20190219134453j:plain

 

学校に着いた

体育館から子供たちの声

何年生かな〜

のぞいたら不審者だよな

やめよう

 

あ。公園の遊具がちがうー

当たり前か

もう30年以上前だからね

 

しかし、安全すぎておもしろくないな(=_=)

思えば私たちの遊んだ遊具は

下手したら

転落すれば死ぬ勢いでスリルがあったぞ

 

ロープにつかまって登り下りした崖も

塗装されて登れなくなってる!

車だとあんまり意識してみなかったから。

 

この崖は残すべきでしょーーーー!!

危ないっちゃ危ないけど、

だいぶこの崖で鍛えられた

 

上からロープを使わず一気に駆け降りること

ができたのが私の武勇伝だ。

 

崖のふもとは道のようになっていて

二股に分かれていた。

 

右は「うん〇」 左は「死体」

さーどっち通って下りるー('∀')?

 

なんの遊び・・・

 

しかし、こんな状況だもの

現代っ子は運動能力や体力が低下するわけだ

 

先日の縄跳び大会

最後は自分のサイコーの技を披露する時間

だ。

私ならもっとやれる(ー_ー)!!

2階の観覧席から

ひそかに闘志を燃やす私だった。

私がここに混ざれば、

さぞかしみんな驚くだろう!

学年で男子を抜いてなわとび王者になった私

なのだから( ̄▽ ̄)

 

さーて帰ろう

 

下り坂の途中の一軒家

この家のおばあさん、まっしろの長髪を

庭の椅子にすわってとかしてたな。

あっという間におだんごにできるんだよな。

 

細い路地に入る

 

ここらへんに白いハツカネズミが死んでて

やけにきれいで

かわいそうで

おねえちゃんと二人ずっと見てたんだよな

 

すっごく些細な記憶がよみがえってくるもんだ

 

そして、小学校の通学路は特に!!

全部が小さい

よく言うけど、

ほんとに小さい

なつかしい( ;∀;)

 

 

 

時代は移りゆくんだな

切なくもある

 

娘も毎日毎日ここを通って

小さな思い出をたっくさん作ってるんだろう

いろんなこと考えながら

歩いてるんだろう

 

帰ってくると

下半身がかゆい( ̄д ̄;)

血行が良くなったんだ。

結構な運動量だった。

けど爽快だ(*‘∀‘)

満足。

 

雨の中、通学路の散歩

 

良い運動にもなったが、

子供たちに対する気持ちにもすこーし変化

 

子供のことは常に頭にある。

感染症かからないでよ~

給食たべてるかな

今日はピアノだな

部活休みって言ってたな

明日は試合だからお弁当だな

 

だけど今日はいつもよりも、

子供に寄り添える気がする

 

雨の中、あの道のり歩く姿が浮かぶ( ◠‿◠ )

なんだか健気だ。

子供なんだから、あの程度の距離なんてどう

ってことないだろうけど。

毎日毎日、歩いて登下校。

おつかれさま^_^

 

学校という社会の縮図

小さくて狭いけど、

子供にしたらすごく濃厚だろう。

当然、楽しいことばかりではないはず。

家族には言わないけど、

学校ではいろんな出来事が起こっているんだ

ろう。

頑張ってるじゃないか(^∇^)

 

 

「おかえり~」って言ってあげたいけど

本日、母は夜勤です

夜中、寝顔を眺めるらね〜